ゴルフレッスンもライザップ

どうも、トシハルです。ライザップって有名ですよね、多分知らない人はいないんじゃないかな?でも「ライザップゴルフ」はご存知ですか?この間見つけたんですけど、面白そうですね。

まあ、ゴルフスクールなんですけど、ライザップゴルフは物凄く変わってます。普通のゴルフスクールって週に4回とか、もしくは通いたい放題とかだと思います。でもライザップゴルフは2カ月限定!短いですよね~。それでスコアを100切るってほんとなんでしょうか?

特徴は内容を見れば明らかです。まずは通常のライザップよろしくマンツーマンレッスンですね。1対1なのでそれはお高いわけですね。メンタル面なども鍛えてくれるそうですよ!

さらに最新技術を使ったマシン?で正しいフォームの修正もバッチリです!さらにコースシミュレーターで球のきどうなど、実際のコースと遜色のない感覚が味わえるんだとか。最先端な感じがしますね。

まあ、価格はかなり高いですけど、驚きのサービスがあります。それは、30日間全額返金保証です!効果が出なければ、お金が返ってくるので安心ですね。

かなりの高額ですが、HPにあるようにホントにスコアを2カ月で100切ることができるなら、結構安いです!

ちなみにコチラのサイトが参考になりますよ→「ゴルフレッスン 川崎市 / ライザップゴルフ」私と同じく川崎市ということで、おすすめです。

 

飛距離を伸ばす!

トシハルです。

フォームが安定してきて、しっかりと打てるようになると次に気になるのは、飛距離とコントロールですよね。

飛距離はフォームがしっかりできていればある程度はそこで伸ばすことができますし、コントロールも打つ場所を多少修正しながらやればできたりします。

でも、そんなのは上級者のお話です。

初心者はそこまでの事はできません。ましてやコントロールなんてかなり後の工程ですよね。

なので、まずは飛距離だけでも伸ばす方に集中しましょう。

飛距離が伸びる(というかよく飛ぶ)ボールを使うのもいいでしょうが、もっと技術的な話をすると、ヒップターンを早くすれば必然的に飛距離は伸ばせます。

このヒップターンですが、要は越の回転がほとんどの方が遅すぎるのです。

初心者のうちはすぐにはできないと思うので、誰かにサポートをしてもらいながら行うことが良いと思います。

サポートする人は後ろ側から骨盤をしっかり支えてあげて、バックスイングが上がりきらないタイミングで一気に腰を回転させます。

強制的にこれを行ってあげるという事ですね。しかし、慣れないと完全に振り遅れるかと思いますが、それだけ腰の回転が遅いって言う事なんです。

このスピードに慣れてジャストでボールに当たると、思ってもみないくらいの飛距離が一気にでます。このヒップターンを早くに行うようにすればほぼ100%飛距離は伸びますので、是非トライしてみて下さい。

初心者がつまずく所

こんにちは、トシハルです。

ゴルフを始めて、ほとんどの人はまず打つ練習をすると思いますが、初心者はこのボールを打つっていう事だけで結構つまずきます。

私もつまずきましたけど、何がっていうと、身体の使い方です。

ゴルフは回転運動と身体のひねり、軸がしっかりしてないと思った方向には飛びません。それこそ僕が最初にやったダブりとかをします。

初心者がやりがちなのは力任せに打つこと。見様見真似で打とうとして力がムダに入り、その結果芝生を打ってしまうっていうダブりの原因になります。それから、打とうとするあまり身体がボールに近づいてしまうと、それもダブりの原因になります。

まずは、ダウンスイングの時に右腰が前に出ないように気を付けて片手で打つ練習をして下さい。それをするだけでも多少力は抜けて、さらに腰が前に突き出さなくなるので、ダブりと前かがみになるのは防げます。

つまりは、腰が軸になってボールを打つことになるので、腰はできるだけ動かさない事ですね。腰が動くと重心がぶれてしまうので、スイングの時に前傾姿勢になり過ぎてしまったり、クラブを持ち上げた時に背中が反り返ってしまったりって事がおこります。

ボールを打つときの最初の姿勢は、そのまま維持、腰は固定して、足もほぼ固定です。動くのはひねる時の腰の動きと腕ですね。まずはフォームを見直してあげるとそれだけでも劇的に飛距離は伸びますし、ダブりもなくなると思いますよ!

ゴルフで最初につまずいたポイント

こんにちは。川崎市在住、30代素人ゴルファーのトシハルと申します。

20代の終わり頃にゴルフに興味を持って、休日に練習場へ行ってみるゴルファー生活を始めました。しかし、ちゃんとした指導を受けたわけでもない素人が自己流で練習をしていても、スコアは思うように伸びてくれず・・・。100切りなんて夢のまた夢だ、というようなやきもきした日々を過ごしていました。

そんな中、僕を救ってくれたのがライザップゴルフです。「ライザップってダイエットとかトレーニングとかの会社じゃないのか?」と思っていたんですけど、いざゴルフトレーニングを受けてみると、こんなにも変わるのか!というくらい実力が付き始めたのです。

前置きが長くなりましたが、このブログでは僕がゴルフでつまずいた部分や、ライザップゴルフの良かったところなどを書いていけたらと思っています。

僕がゴルフをやり始めたとき、最初にぶつかった壁は「クラブをボールに当てること」でした。簡単そうに見えて、意外と当たらないんですよ。空を切る7番アイアンのむなしさと言ったら・・・。スコアをカウントする際は、空振りのショットも1打の扱いになりますので、まずはこれを減らすことが僕の課題でした。

さらに、狙った方向へボールを飛ばすのは、クラブをボールに当てることの数倍難しいです。ダフりやトップに悩まされ、どちらも起こらなくても左右斜めに飛んで行ってしまうこともざらにあります。トップが発生するということは身体がのけぞってるということなので、姿勢を崩さないようにショットを行う必要があるのですが、一瞬のスイング中にのけぞってしまうのを直すのはなかなか難しいんですよね。

そんな感じで、ゴルフを始めた頃の僕は思うようにボールを飛ばせずにモヤモヤする日々が続いていました。