初心者がつまずく所

こんにちは、トシハルです。

ゴルフを始めて、ほとんどの人はまず打つ練習をすると思いますが、初心者はこのボールを打つっていう事だけで結構つまずきます。

私もつまずきましたけど、何がっていうと、身体の使い方です。

ゴルフは回転運動と身体のひねり、軸がしっかりしてないと思った方向には飛びません。それこそ僕が最初にやったダブりとかをします。

初心者がやりがちなのは力任せに打つこと。見様見真似で打とうとして力がムダに入り、その結果芝生を打ってしまうっていうダブりの原因になります。それから、打とうとするあまり身体がボールに近づいてしまうと、それもダブりの原因になります。

まずは、ダウンスイングの時に右腰が前に出ないように気を付けて片手で打つ練習をして下さい。それをするだけでも多少力は抜けて、さらに腰が前に突き出さなくなるので、ダブりと前かがみになるのは防げます。

つまりは、腰が軸になってボールを打つことになるので、腰はできるだけ動かさない事ですね。腰が動くと重心がぶれてしまうので、スイングの時に前傾姿勢になり過ぎてしまったり、クラブを持ち上げた時に背中が反り返ってしまったりって事がおこります。

ボールを打つときの最初の姿勢は、そのまま維持、腰は固定して、足もほぼ固定です。動くのはひねる時の腰の動きと腕ですね。まずはフォームを見直してあげるとそれだけでも劇的に飛距離は伸びますし、ダブりもなくなると思いますよ!